酸素とは何か?

酸素とは何か?

酸素は人が生きるのに必要な物。生き物が呼吸するときに吸い込む空気の中に含まれています。
植物が光合成をすることによって酸素が作られます。

植物自体も酸素を吸い二酸化炭素を吐き出して呼吸をしています。

酸素は全ての生命の源です。酸素を生み出す植物も大切にしたいですね。

今、私達が生きているのも、植物が酸素を発生してくれているおかげです。植物と、光合成に必要な、太陽・水・二酸化炭素・適切な温度などの環境に感謝したいですね。

酸素

酸素族元素。無色無臭の気体。地球で最も量が多く存在する元素で、全大気中のうち21%が酸素です。生き物の呼吸や、物を燃焼させるのにも使われています。

酸素の元素記号は「O」酸素の原子番号は「8」です。酸素元素が2つ集まった酸素分子のことをO2(オーツー)と呼びます。酸素分子が3つ集まるとO3になり、これをオゾンとも呼びます。

都会も田舎も酸素はほぼ同じ?
意外と思われるかもしれませんが、都会でも、木々が生い茂っている地域でも、酸素には殆ど差がないと言われています。

現在、濃度は約21%と言われていますが、年々酸素の濃度には変化があるそうです。

森林伐採や、生活環境の変化で酸素が不足

酸素を作り出してくれる植物・森林が減ると、二酸化炭素濃度が高くなり酸素の濃度が薄くなってしまいます。
昔、地球の酸素の濃度は26%ほどだったと言われています。

しかし、今では約21%程度にまで濃度が低くなってしまっています。また、長時間室内で過ごしていると、濃度が心配になりますね。

濃度が薄くなると、「集中力が無くなる」「眠くなる」「免疫力の低下」など、体に悪い症状が発生すると言われています。

酸素は生きるのに必要なのはもちろん、人が健全な体で楽しく生きるために必要です。

それなのに、濃度が低くなってしまうのは辛いですね。地球から植物を減らさずに、これからも酸素を発生してくれる植物と共存していきたいものです。

酸素の濃度が薄くなると、体に悪影響

酸素の濃度が薄くなることによる、体への悪影響の一部をご紹介致します。
人の体には必要不可欠な物であり、濃度が薄くなるだけでも、体にはさまざまな悪い影響が表れてしまうようです。

  • 眠くなる。
  • 集中力が無くなる。
  • 免疫力が低くなる。
  • 酸素の濃度18%以下で頭痛。





会社案内 | Site Map | セキュリティ対策 | お問合せ | ©2006 ArrowEight inc.

アローエイト 株式会社 代表取締役 中道唱力