酸素濃度

酸素吸入器で濃い酸素を吸収

現代人の酸素不足は危険です。「酸素が必要な物。」というのは、誰もが御存知のことですね。しかし、現代人は酸素が不足しやすい生活環境と言われています。

もしも体内の酸素濃度が薄くなると、体にどのような悪い変化があるのでしょうか。普段の生活の中で、運動をしていないのに、肉体的にダルサや疲れを感じていたり、頭痛が発症したりしていませんか?

体調の不調はいろいろあるので、一概には言えませんが、もしかしたら酸素不足が要因かもしれません。人は、酸素が不足すると、眠くなり、頭痛がすると言われています。

現代社会は酸素不足になりやすい、と言われています。酸素吸入器を活用し、意識して酸素を吸入する必要があるのかもしれません。

脳が一番酸素不足の悪影響を受けてしまう。

脳は酸素を必要としてます。その量は、全身が必要としている全酸素量の25%とも言われ、酸素濃度が薄い室内にいると、最初に脳が酸欠を感じ、あくびを出してしまいます。

しっかりと眠っているのにあくびが出てしまうのは、もしかしたら酸素濃度が低い環境なのかもしれません。
野外に比べて、屋内はあくびが出やすいですね。

これは屋内が、野外に比べると空気の通りが悪いので、酸素が不足してしまっているのかもしれません。脳は酸素を多く消費する、酸素を必要とする部分なので、酸素の濃度が低くなると眠くなり、あくびが出てしまうと言われています。

十分な酸素を吸い、脳に酸素を供給するのに便利な方法が、酸素吸入器を使った酸素吸入です。

酸素を発生させ、人に酸素を吸入させる機器

現在の大気中の酸素濃度は、約21%と言われています。この酸素の濃度は、100年前は約26%の濃度があったそうです。

現在は生活環境の悪化や、森林の減少、人口の増加などによって、酸素濃度は減りつつあります。そして今後、更に人は酸素不足に悩まされることになるかもしれません。

現代人はあまり運動をしなくなりました。そして、運動不足によって、肺の機能低下し酸素不足になりやすい体になっていると言われています。






会社案内 | Site Map | セキュリティ対策 | お問合せ | ©2006 ArrowEight inc.

アローエイト 株式会社 代表取締役 中道唱力